【自宅で歯を綺麗にする】歯医者に行くのが面倒・時間がない方向け

 

皆さんは歯を大事にしていますか?

定期的に歯医者に行かれる方も多いかと思います。

私は10年以上歯医者には行っていませんでした。

時間もなかったのと、歯医者の為に1日費やすというのも勿体ないと感じていたからです。

なのでもう自分で改善させようと思いました。

  • 歯ブラシで効果を得るにはどうしたらいいのか
  • 歯磨き粉を自分に合ったものに
  • 歯石を除去する

この3つが課題でした。

 

 

 

まず歯ブラシをこだわってみる事に着目。

歯ブラシの種類が多くてどれを買えばいいのか分かりません。

素人なのでどれも同じように思えますし。

明確に性能差が違うと言われているのが通常の歯ブラシと電動歯ブラシ。

誕生日が近かったので友人に買ってもらいました。

色々な電動歯ブラシを調べましたが恐らくこれが一番です。

 

Doltz

panasonic.jp

正直不安でしたが、今では文句の一つもありません。

こちらは音波振動で磨くもので、軽く歯に当てるだけで音波振動で汚れが落ちます。

力を加える事なく、優しく汚れを落とすのがポイントです。

歯をなぞるように歯の側面→裏側→歯周ポケットの順で磨いていきます。

歯周ポケットは歯ブラシを少し傾けるだけで磨けます。

最初は歯茎辺りがこそばゆいですが、1日磨いた後くらいにはもう慣れますし歯茎が引き締まります。

替えブラシを購入するのですが一本で3カ月持ちます。

慣れてくると気になりませんが、最初はモーターの音がうるさいです。

簡単に磨くことができますので、もし気になる方がいらっしゃれば最低でもスタンダードモデルでの購入を勧めます。

一度使うと手で磨くのには戻れません。

 

 

歯磨き粉

通常の歯磨き粉って研磨剤が入っているじゃないですか。

でもDoltzは音波で汚れを落とすので研磨剤がいらないんです。

研磨剤は歯によくないと聞いたことはありませんか?

文字通り研磨するものなので歯を覆うエナメル質も少しずつ削れます。

これが剝がれていくと知覚過敏や虫歯にもなるんです。

知覚過敏でお悩みの方は多いと思います。

私もそうでしたが研磨剤が入っていない歯磨き粉を使う事で今は知覚過敏0です。

2度と研磨剤の入っている歯磨き粉は使いません。

まだ私も色々な歯磨き粉を試しているのでどれがいいのかは答え辛いのですが

現段階ではシュミテクトのトゥルーホワイトを何回か使っています。

こちらは知覚過敏にも対応。

ただ、人気なのか薬局に行っても売り切れが多いです。

 

 

 

スケーラー(歯石取り)

今の時代なんでも買えるので非常に便利ですよね。

こちらは歯医者さんがオンラインショップで販売していました。

値段も1500円程です。

今はもうショップのリンクはありません。

 

ただこちらの歯石取りは

手先が器用かつ細かい作業ができる方のみ購入を検討してください。

一歩間違えれば血まみれになります。

 

写真だと鋭さが分からないかもしれませんが非常に鋭利です。

 

これを使って削っていきます。

削っている最中は人にお見せできる顔ではありません。

本当に酷いです。

 

使う方はいないと思いますが使い方の説明をします。

必ず歯を磨いた後に使ってくださいね。

  • アルコールで除菌した後に煮沸消毒をします。
  • 消毒が終わったらペンのように持ち、大きく口を開けセットします。
  • この時薬指を下の犬歯に置き全体を支えます。
  • スケーラーは短く持ちます。
  • 親指、人差し指、中指でしっかり持ちます。
  • そして優しく、力を入れないように小刻みに三本の指を動かすと削れていきます。

 

結構簡単に取れるのですが一歩間違えれば血まみれになる緊張感もあります。

確かに歯石が簡単に削れるほどなので危ないですよね。

中々削れない時もありますが何度も削るか、慣れてくると多少力を入れても失敗することなく上手くとることができます。

歯石のない歯を削らないよう、傷付けないように注意してください。

 

 

 

自宅で綺麗にした結果

たまたま今年に入って親知らずが傷んだので抜歯しに歯医者へ行きました。

流石に親知らずは一人で抜けません。

その時歯医者さんに歯が綺麗だと、本当に何年も歯医者来てないの?とも言われました。

努力が実りました。

もちろんその後も掃除もされず定期健診も勧められず、抜歯の状況だけ見てあれから歯医者には行っていません。

それでも結局歯医者には行った方がいいとは思います。

 

もし可能であれば皆さんも一つ一つ見直してみてください。

知覚過敏は特に歯磨き粉を変えるだけでも治りますよ。

スケーラーは自己責任でご使用ください。

非常に長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。