【カフィンレスコーヒーのカフェインは0じゃない】カフェインレスコーヒーを購入の際に注意すること

 

前回睡眠について書いた時に思い出したのが

コーヒーを飲むと眠れなくなるという話ってよく聞きません?

 

じゃあカフェインレスコーヒーなら目が覚める事もないのでは?と思いませんか?

いえ、実はそうでもないんです。

今回はカフェインレスコーヒーを飲まれる方に読んで欲しいお話です。

 

 

 

カフェインレスコーヒーと言われるとカフェインが入っていないコーヒーと思われている方も多いのではないでしょうか?

昔喫茶店で働いていた時、カフェインレスコーヒーにカフェインは入っていないと思われている方が多かったですが、カフェインは入っています。

日本でのカフェインレスコーヒーの定義はカフェインを90%以上取り除いたものをカフェインレスと表記する決まりになっているからです。

 

最近では90%以上カフェインをカットしたものも販売されていますがそれでもカフェインが0%ではないということだけ覚えておいてください。

今のところ最大で99.9%カットです。

もしカフェインに敏感だったり、妊婦さんが安心して飲めるような物を探す場合はカフェインがどれくらい含まれているか聞いてください。

正確な数字を恐らく店員さんは答えられないのでおおよそ聞くつもりで。

 

  • カフェインレス
  • デカフェ
  • カフェインフリー
  • ノンカフェ

など色々な表記があります。

 

こちらの表記全て微量ですがカフェインが入っています。

またカフェインレスコーヒーなどカフェインを取り除いた商品の購入に気を付けていただきたい事があります。

コーヒーからカフェインを取り除く際、以下三点の抽出方で取り除いています。

  • 有機溶媒
  • 水抽出
  • 超臨界二酸化炭素

 

有機溶媒

ジクロロメタンという薬品を使ったカフェインの除去法。

日本では禁止されています。

こちらのジクロロメタンは工業業界で使用されることが多い溶剤で、洗浄剤として使用されています。

そういった関係の職場で働いている方はどれだけ危ない物なのかご存じではないでしょうか?

揮発性(常温で気体になる)なのですが発がん性のおそれもあり、強い毒性もあります。

国内で使用されることはないので大丈夫ですが、海外からのお土産や海外から直接購入する際には気を付けてください。

海外で購入しても流石に除去はしていると思いますが、100%大丈夫とは言い切れません。

何故海外はこの方法を利用するのかというと処理が簡単で味が落ちないからなんですね。

 

 

水抽出

水だけではなく薬品も使いますがコーヒー豆と薬品が触れる事はない為安全です。

ただ味が水っぽくなってしまいまうみたいですが、普通の人にはわかりません。

 

超臨界二酸化炭素

超臨界状態にした二酸化炭素をコーヒー生豆に染みわたせ、カフェインを溶かす方法。

こちらは薬品も使っていませんし水っぽくもありませんがコストが高いのでコーヒー自体の値段も割高です。

 

 

 

コーヒーの豆にも品種がある

コーヒーにはアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種というものがあります。

簡単に説明すると

アラビカ種はカフェイン量が少なく高価で風味も高い

ロブスタ種はカフェイン量が多く安価で風味も低い

リベリカ種はほぼ流通せず風味が他2つに比べて劣っています。そして苦い。

 

 

販売されている豆の詳細に掲載されているはずです。

コンビニや缶コーヒー等はロブスタ種でできています。

お店によっては大量購入でコストを下げたアラビカ種を使うか、2つを混ぜている可能性もあります。

普段買っているコーヒーも産地だけでなく品種も確認する癖をつけると良いですよ。

 

また寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるというのは間違いでもないですし正解でもありません。

正直人によりますし、私は寝る前にコーヒーを飲むと朝起きた時スッキリと目を覚ますことができます。

プラシーボ効果もあると思いますがこの記事を読んでしまったのでそれは今日で終わりかもしれません。

 

ちなみに私はブラジルとハワイ・コナが好きです。

ハワイ・コナを扱っているお店は少ないですが美味しいですよ。