【無線有線イヤホンのすすめ】まず確認する事、オススメのイヤホン

 

皆さんがほぼ確実に使われるのがイヤホンですよね。

最近ちょっとイヤホン業界に違和感を感じます。

それは今まで無名だった会社が推されている事。

大手のSONYやYAMAHA、Victor等が出していれば信憑性は高いのですが、ここ数年で出てきた会社のレビューが高評価ばかりでいまいち信用できず購入はしていません。

 

さて話を戻しますが今回はイヤホンの話。

現在使っているイヤホンの話も踏まえて。

 

 

 

Bluetoothイヤホン購入前にチェック

世間はAirPodsが多いですね。

他ならばSONYも非常に人気です。

まずBluetoothイヤホンを買う前には対応コーデックの確認が必要です。

このコーデックの確認を怠ると買っても損してしまいます。

 

スマートフォンで使う主なコーデック

SBC 遅延が大きい、絶対に買わないでください

AAC iPhoneで使われるコーデック、SBCより遅延がなくSBCより高音質

aptX Androidで使われるコーデック。AACより遅延が少なくハイレゾ対応

aptX HD aptXより高音質 上位にaptX LLという物もある

LDAC Android対応でaptX HDを上回る

というような順番で音がよくなります。

実はAirPodsは下から二番目のAACなんです。

音質が悪いという訳ではありませんので大丈夫ですよ。

AirPodsは第三世代から別のコーデックを使っていますがこれは音楽ではなく通話の音質を上げるものです。

 

Androidをお使いの方は設定画面の開発者向けオプションでコーデックの設定ができます。

購入したイヤホンに合わせてくださいね。

基本的には自動で対応してくれるはずなので大丈夫です。

 

iPhoneはどうやらそういった設定がないみたいです。

基本的にSBSかAACに自動的に切り替わるようです。

また、iPhoneはハイレゾに対応していません。

ハイレゾの音楽を聴くには専用のアプリか、変換アダプターが必要になります。

 

 

 

個人的にオススメのイヤホン

オーディオテクニカやBOSEなど色々ありますよね。

数ある物の中でも一番好きなのがSENNHEISER(ゼンハイザー)。

1945年に創設された音楽の老舗です。

 

YAMAHAのイヤホンもありますが、こちらは重低音が強めで非常に良いです。

が、個人的好みであればバランスの取れた音。

低、中、高の音のバランスがしっかりとれているイヤホンが私は好きです。

バランスがとれているのにしっかり各々の特徴が伝わるという感じですかね。

 

ちなみになのですがYAMAHAは世界的にレベルが高く、楽器はYAMAHAを買えば間違いない!と言われているレベルなので迷ったらYAMAHAを買うといいです。

 

こちらは有線イヤホンのゼンハイザーIE40 Pro。

スケルトンなのがかっこいいですがそれだけではありません。

なんと!

取れます!

これが何なのかというと、付け替えができるのです。

なのでこのイヤホンを同メーカーのBluetoothイヤホンに付け替える事で有線から無線へ変更が可能になります。

 

お値段は12,000円と結構安いです。

なのでイヤホン初心者にもオススメです。

グレードを上げると4万とか10万超えますのでとりあえずいい音で聴きたいのならばという感じです。

 

以前はIE60という3万円程の物を使っていたのですが値段が半分になっても充分いい音です。

外観が非常に良く、ケース付きでお気に入りでしたが断線してしまいました。

 

 

無線イヤホンもいいですし、有線イヤホンもいい物です。

どちらかに偏るのではなくどちらも使ってみましょう。